あなたのワーク・ライフ・バランスを問われたら?

仕事ワークと育児介護、趣味や学習、休養、地域活動などの仕事以外の生活ライフとの調和バランスを整えるための、さまざまな取り組みを国は行っています。
内閣府のサイトで公開されていたワーク・ライフ・バランスの漫画を掲載しました。

自分にとって、仕事と生活の調和とは…何?

恐れ多くも内閣府のページに『仕事と生活の調和 憲章』が制定されていました

我が国の社会は、人々の働き方に関する意識や環境が社会経済構造の変化に必ずしも適応しきれず、仕事と生活が両立しにくい現実に直面している。

誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう、今こそ、社会全体で仕事と生活の双方の調和の実現を希求していかなければならない。

仕事と生活の調和と経済成長は車の両輪であり、若者が経済的に自立し、性や年齢などに関わらず誰もが意欲と能力を発揮して労働市場に参加することは、我が国の活力と成長力を高め、ひいては、少子化の流れを変え、持続可能な社会の実現にも資することとなる。

 

そのような社会の実現に向けて、国民一人ひとりが積極的に取り組めるよう、ここに、仕事と生活の調和の必要性、目指すべき社会の姿を示し、新たな決意の下、官民一体となって取り組んでいくため、政労使の合意により本憲章を策定する。


マスコミでは取り上げなかったような「政府広報」が一杯!

そもそもワーク・ライフ・バランスとは、単に仕事と生活に割く時間を半々にするという意味ではありません。

 

仕事と生活のうち、どこに重点を置きたいかはその人の生き方、働き方によって異なりますし、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じても変わってきます。

 

つまり、ワーク・ライフ・バランスが目指す姿は、それぞれの人の置かれた状況に応じて仕事と生活のバランスをとれるようにすることで、多様な人材が自分の事情に合わせて働くことのできる社会なのです。

 このような解説が一杯、ぜひ開いてご覧ください。本当に生き方改革に繋げた『働き方改革』につなげたいものです。

 

その為に政府は多くの情報を公開しているのでしょうが・・・ まずは下記を開てい見てください。 

Googleで<厚労省 働き方改革」>で検索したら・・・

三つのボタンが並んだページが出ました・・・