この日本で、あれやこれやの『改革』が一気に始まったようです・・・

この日本で、生き方や働き方の改革が数年前から始まっていて、2017年12月からは「人づくり革命」と「生産性革命」を政府は始めると公言しました。果たして・・・
無料で高品質なイメージ『Pixabey』からの画像です。

そしてさらに「人づくり革命」と「生産性革命」も始まったようですよ・・・

柔軟な働き方に向けた「意識改革」が始まっていた・・・


自分にとっての「働き方改革」とは・・・

世の中の流れを読み、その流れの先で自分が出来る事を捜すしかない。

年齢に関係なく取り組める仕事情報をまず集め、その情報元と意見交換しながら自分にできることを探し、準備すれば、どこかで何らかの稼ぎにつながるはずだ。

日本では、働くということに対して、多くの規則や制約を抱えている。そんななかでの働き方改革には、ひとり一人の「意識改革」が必要不可欠だ。

 

  

特に若い奥さん方の子育て、親の介護など、共に仕事との両立にはそれなりのハードルが高く、切実な現実の下で生まれた『働き方改革』という言葉のはずだ。

 

その対応手段として『テレワークの利用』等と、国を挙げて唱えている。

でも、この言葉の本当の意味は?、それって現実にはどんな仕事をするの?と、当事者でない限り他人ごとのような言葉に聞こえるようだ。

 

結局は、大きな会社の一部でしか改革が始まらないのは何故?

 

さてそこで、当社ではまず自分なりの生き方改革を視野に入れながら、関心ある方に向けて『働き方改革」へのお手伝いをいたします。 

今や誰もが持っているPCやスマホ等を活用して、時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働くことができる仕事を探したい。

 

皆そのはずです。

 

 テレワーク即ち 「tele=離れた場所」で「work=働く」という意味で、「テレポーテーション」の語呂合わせのように聞こえますが、

もともとは、アメリカで1970 年代にエネルギー危機とマイカー通勤による交通混雑や大気汚染の緩和を目的として、ロスアンゼルス周辺で始められたと言われています。また、ヨーロッパではテレワークよりも広い概念として、e ワークという言葉が使われることが多くなってきているそうです。

 

このような働き方を政府は、子育て中の奥様方、親の介護先とか在宅介護など、会社と離れた先とネツトでつながりながらの遠隔仕事をすることをめざした改革策だった。

 

 在宅仕事の希望者は、事業者と雇用契約を結んで自宅等で働く「雇用型テレワーク」や、雇用契約を結ばずに請け負いとして自宅等で働く「非雇用型テレワーク」などの方式が、シニアや子育て中の女性の「働き方改革」として普及する時代が到来していたのです。

 まさに太陽システムプロダクツ株式会社は、雇用契約を結ばずに請け負いとして自宅等で作業していただく「非雇用型テレワーク」の事業化を目指しています。 



既に始まっていたテレワーク「tele=離れた場所で、work=働く」の政策とは

テレワーク(在宅勤務やモバイルワーク)の導入・推進企業の相談窓口
厚生労働省委託事業 テレワーク相談センター

 このサイトを作りながら、色々調べてみたら、すでに厚生労働省の下部団体として「テレワーク相談センター」「在宅ワーカーに関する総合支援サイト」等による、発注側としての会社の対処方法、在宅で働くワーカー様への対応などについて、詳細な事務処理的なことが定められて、色々な事例が紹介されていた。

 

以下に国の取り組み団体を紹介します。中々面白いですよ・・・

 

いまのところ、働き方改革に前向きな企業を中心にした働き方改革を目指して、子育てや親の介護で長期休暇を取って求職中の社員を対象に、「雇用型テレワーク」として在宅仕事を配信している事例が数か所紹介されているが・・・。

 

 

テレワークが在宅での仕事だとすれば、もっと国を挙げてPRして、もっと対象者を増やす取り組みが必要では!?

 

厚生労働省の下部団体「テレワーク相談センター」のサイトが開きます。

厚生労働省「在宅就業者総合支援事業」

在宅ワーカーのためのwebサイトが開きます。

 沢山の資料がありますので、時代の流れを感じてください。

 



平成 29 年 12 月 8 日 閣議決定された「新しい経済政策パッケージについて』は下記です

「人づくり革命」と「生産性革命」についての閣議決定事項がPDF版として公開されていました。時間余裕のある方は読んでみてください・・・