原稿の種類は問いません、末永く皆に見せたり・読んでもらいたい方へ

貴方が趣味で書き溜めた小説や随筆・詩集・エッセイ、さらに漫画やスケッチ等々を子々孫々に残したい・・・・がために、昔の方はお金をかけて自費出版されていました。

近年、高度情報化の波のなか、パソコンやスマホによる電子書籍e-bookの利用者が一気にふえ、電子書籍版として一定の請負価格で発刊する出版会社も増えています。

私たちはすでに100冊以上の原稿を預かっていますので、在宅で電子書籍化の作業をしていただける方と力を合わせて、電子書籍版の経験を積みます。

お手持ちの原稿の種類は問いません。まずは相談の連絡をください。折り返し返信をいたします。メールお持ちでない方は携帯電話に連絡ください。お待ちしています。


名刺交換代わりに画像でお許しください。

このサイトはスマホOKです。



印刷出版と電子書籍版の違いなど、原稿をお持ちの方のお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です